地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、さいたま市大宮区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

さいたま市大宮区の地域情報サイト「まいぷれ」さいたま市大宮区

まいぷれ大宮編集部が実際に体験してみた♪ぶらり大宮めぐり編

鉄道の歴史をめぐる -鉄道のまちを体感!- 前編

鉄道とともに発展した大宮だから☆


鉄道博物館のある街、大宮。
たくさんの路線が乗り入れている街、大宮。
JRの大宮総合車両センターのある街、大宮。

大宮駅周辺は“たくさんの電車に出会える街”。
電車好きキッズももちろん、レトロな雰囲気がぐっと心にしみるシニアまで、鉄道を通じて年代ごとに感じ方が違うかなと思うようなコースでした♪

今回は大宮駅から出発です!

最初の目的地がスタート地点ということで…最初の目的地、大宮駅です☆

大宮駅が開業したのは明治18年(1885年)。
伊藤博文が初代総理大臣になった年って聞くと、歴史の長さが分かりますよね~。

東北地方、信越地方を結ぶ路線の分岐点として、数多くの路線が乗り入れるターミナル駅です。
全ての路線、言えますか(笑)??

そして写真の通り、利用者が多い駅・・・JR東日本エリア内で8番目の乗車人員の多さ、一日平均25万人が利用しているそうです。http://www.jreast.co.jp/passenger/index.html

ecute、ルミネなどがあり、雨でも濡れずにショッピングも食事もできる便利な駅ですよね☆
そして、大宮駅と言えば・・・
2番目の目的地、まめの木こと、「行きかう・線」です!!

このモニュメントは、大宮駅開業100年と埼京線開業を記念して作成されたものです。

もう30年以上、大宮駅を見守っているんですね。
「行きかう・線」という名称はありますが、一般公募で決まった愛称「まめの木」が一般的なようです。

地元の人たちは場所をアレンジするかと思いますが、大宮になじみのない人と待ち合わせするには、やっぱりまめの木ですよね!!
私も最初に大宮で覚えたスポットはまめの木でした☆


そろそろ駅構内から西口に向かいます。

平日でも、やっぱり大宮駅は人が多いですね。人の流れに乗れないと、ぶつかりまくりますので気をつけましょう(笑)

西口に出ました!

そごう、ソニック、マルイをはじめ、所狭しとビルが連立してお出迎え☆

次の目的地がそごう方面ですので、そごうを目指します。



ルート通りじゃなくてももちろん行けるわけですが、ここはルートに従って、左折し、突き当りまで行きます。


突き当たって右へ。

階段を降り、地上を歩いていきます。


そごう前の横断歩道を渡って、そのままそごう脇を進んでいきます。


ソニックシティーが見えてきました☆

信号はそのまま直進します。


この辺りはビジネスマンが多く行き交っているので、ぶらりというより少し背筋が伸びる感じがしてしまうのは私だけでしょうか・・(笑)。

1ブロックで、大宮センタービルのスカイブルーの看板が見えたら、左折します。


ビルの間を歩いていると、今回の目的は何だろう?というほど、この辺りは鉄道とは縁遠い感じがしますが、鉄道のおかげで発展した街を見る・・ということでしょうかね♪
郵便局の緑のカーテンがビルの合間に映えてて素敵☆
郵便局の緑のカーテンがビルの合間に映えてて素敵☆


交差点に出ます。

ここは、車歩分離信号となっていますので、歩行者用の信号を見ていないと、うっかり信号無視しちゃう可能性があります。。。
交差点を越えるとすぐ見えてきた神社が、3番目の目的地、庚申神社です!!
時間的に逆光が眩しかったのですが、後光がさしているようなありがたい気分になりました♪

今回は鉄道がテーマなのに、神社!?と思われた方。。実は鉄道と関係があるんですよ。
こちらの庚申神社の祠(ほこら)は、古くから大宮駅構内の一隅にあったものが、拡張工事等で移築されたものなんだそうです。

国鉄時代に、拡張工事の度に各所に移転させていたことが原因なのかもともと祠があった場所付近で事故が多発したそうで、現在の鐘塚公園の位置に社を建設、安置後、西口の再開発に伴って昭和60年7月に現在地に移転されたそうです。


猿田彦命をまつり

みちひらきの神

幸運の神

商売繁盛の神

豊穣の神

として祀られているそうですよ。


パワースポットまでありましたよ☆

悩み事がある方はこの岩が吸い取ってくれるかも。

是非、体感してみてくださいね~♪


庚申神社を後にして、来た道を戻ります。

再度のご案内。
出てすぐの信号は、歩車分離信号ですよ~。

気を付けてくださいね!!


大宮センタービルのスカイブルーの看板まで戻ってきたら、ソニックシティ側に渡る横断歩道を渡ります。


横断歩道を渡ったら、右へ。

大宮駅の方向に歩いていくと・・・


4番目の目的地、鐘塚公園が見えてきました☆

大宮と言えば、この方。
白井助七翁

氷川の杜編でも登場しましたが、大宮駅開業に尽力されたり、大宮町長(市長)をされた方。

お仲間の方々とともに土地や資材の提供を申し出て、駅の誘致活動をしなったら・・・この大きなターミナル駅は、川越や熊谷になっていた可能性もあったとか。。
現在のJRの車両センターも大宮以外のところにできていたのかもしれません。

今、大宮に住む皆さんが便利に鉄道を利用できるのも、そういう過去の偉人たちの努力があってこそ。

感謝の気持ちを忘れずにいたいですね。

このように鐘塚公園からしっかり大宮駅を見守ってくれています。


そごうと鐘塚公園の間の交差点を左折し、右に大宮駅を見ながらスクランブル交差点を渡ってそのまま北に向かいます。
少し歩いて見えてくるのが・・・


ニューシャトルです☆

最近、車両がきれいになりましたね♪
このおもちゃみたいな、遊園地みたいな感じ、個人的に好きです(笑)!

JACK大宮の周りをぐるっと回るコースも好きです♪

今回は、鉄道博物館まで徒歩で行きますが、ニューシャトルから景色を見ながら行くのもお勧めです☆

ここから盛り上がっていくところですが・・前半はここまで!!

鉄道の歴史をめぐるコース 後半をお楽しみに☆