地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、さいたま市大宮区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

さいたま市大宮区の地域情報サイト「まいぷれ」さいたま市大宮区

まいぷれ大宮編集部が実際に体験してみた♪ぶらり大宮めぐり編

鴨川・古墳群をめぐる-「風」と「時」の流れを感じて!- 前編

大宮に古墳があるって知ってました??

今回は古墳です!!

古墳とは古代のお墓ですが、県内では4693基の古墳が確認されているそうですが、まさか・・大宮にも!!
絶対知らない人も多いはず!!

桜並木も多いこのコースは、春もおススメ♪
来年の春、是非お花見コースに入れたいですね☆


ではまず、スタート地点に向かいましょう♪

大宮駅西口から西武バスに乗るので、バス停へ向かいます☆

西口デッキのバス乗り場の3番乗り場に到着。

西口に出て一番手前の乗り場です。
この表示のある階段を下ります。
階段を下りてすぐが3番乗り場です。

加茂川団地行きに乗って下さいね。

新大宮バイパスを越えると思うと少し遠いような気がしてしまいますが、バスの乗車時間は10分弱でした♪
意外と近いんですよね~。

ちなみに,運賃は200円。
ICカードを利用すると195円になります。(2016年10月現在)

というわけで、スタート地点の三橋四丁目バス停に到着です☆


バスを降りたらバスの進行方向に歩き、最初の信号で右折します。


歩いていると左頭上に大宮西高の案内表示板が見えてきます。


西高案内表示板の奥にある横断歩道を渡ります。


信号を渡ってすぐ、三叉路があるのでそこを右折します。


突き当りに、大宮西高校があります。
この大宮西高の中に、最初の目的地、稲荷塚古墳があります。

高校の敷地内ですので、平日の授業時間には、事務室に許可を取った方が良いとのことです。

稲荷塚古墳をはじめとする側ヶ谷戸古墳群の中では最大の大きさ、高さは6メートルもあります。
頂上のシイノキが傘のようになっていてより大きく見えます!!


石碑のある所から古墳の周りを約半周すると、細いですが、階段が見えてきます。

足元に気をつけて登っていくと・・・


頂部には、稲荷神社が祀られていて、その祠の後ろからシイノキが生えています。

巨大なシイノキなので、ほぼ頂部が覆われているため、そこそこの高さはありますが、周囲の景色を楽しむことはできません。

登った満足感いっぱいになったので、次の目的地に向かうべく、大宮西高を後にします。


正門を出たら右に進み、学校の壁沿いに歩きます。

ちなみに・・・
わざわざ学校内に許可もらってまで入りたくないな~とか面倒だな~っていう
校内に入ることにハードルが高く感じる方でも大丈夫!!
外からでも見ることができますよ☆

ネットやら壁やら、少し距離もありますが、それでも十分に大きさは伝わってきます!!


突き当りを左へ。


左折してすぐに右折します。


少し歩いていくと、突き当りに休憩スペースがありました♪

鴨川を見ながら一息・・・

と思ったら鴨川見えない!!
でも、自然豊かで桜並木が続いているので、桜が咲き乱れたら素敵ですね☆


河川敷は、自然保護区域になっているようですね。


鴨川に向かって左手に進んでいきます。

すると・・・


2番目の目的地、関沼木道の入口に到着しました。

関沼とは、400年前に築かれた灌概用の溜池だそうです。

現在は、木道が整備されているので・・・

こんな感じです。

のーんびり鳥が飛んでくるのを眺めていたくなるような、とっても静かなスポットでした!!


増水時は立ち入り禁止だそうです。
水辺は油断すると危ないですからね。

看板が少しかわいいので、
やっぱりこういうところは、

見沼田んぼ・代用水編で見た、

あの・・・


こんな感じのを、

増水時はこわいぞ

でもいいんじゃないかな、と。

余談でした(笑)。


木道の出口です。


出口の階段を登ったら、右に進みます♪


こんなところにも休憩スポットが??
と思ったらコチラは野鳥観察小屋だそうです。

たくさんの種類の野鳥が飛んでくるみたいですよ。

ちなみに私が訪れた時には、一羽も見られず、残念でした・・。

観察小屋から出て再び進みます!

こうして歩いていると田んぼがとってものどかですね。

すっかり秋の景色でした。

もう田んぼも春までお休みでしょうか。。


鴨川の川沿いを歩いています☆

こんなあぜ道を歩くのは久々です。


見えてきたのは、学校橋!

江戸時代に寺子屋に通うのに利用していた橋で、学校橋と呼ばれるようになったそうです。
学校橋を渡ると、その先は西区になります。
学校橋のたもとから田んぼを見た光景は、大宮二十景にも選ばれています。

その時に見える風景は・・・

田んぼののどかな感じと、遠くに見える新都心のビル群!
のどかさと賑やかさが共存している大宮を現わしているような光景です☆


この学校橋は渡らずに、左折します。

左折するとすぐに目に飛び込んでくる
一か所だけ緑・・・

これは、多分・・・
やっぱりそうでした!!

3番目の目的地、茶臼山古墳です☆ 
6世紀後半の古墳と推定されていて、埴輪片などが出土しているそうですよ。

こうした出土品は、高鼻町にある市立博物館に展示されています!

歴史の教科書でしか見たことないものが、大宮区内で見られるなんてすごいですよね☆


古墳には、年代を感じさせる松の大木が!

調べてはみましたが、不明でした。。でも相当の年数は立っているように見えました。

茶臼塚古墳前は一面の田んぼの景色♪

水田は、季節ごとに表情が違って楽しいですよね。
緑が鮮やかな夏、稲穂が黄金色の初秋、お休みしている冬・・目で季節を楽しませてくれますね☆

実は、この茶臼塚古墳の西側の田んぼからも人物埴輪などが発掘されていて、前方後円墳があったのではないかと言われているそうです。

のほほ~んとしながら
鴨川・古墳群をめぐるコース 後編
に続きます。