地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、さいたま市大宮区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

さいたま市大宮区の地域情報サイト「まいぷれ」さいたま市大宮区

まいぷれ大宮編集部が実際に体験してみた♪ぶらり大宮めぐり編

鴨川・古墳群をめぐる-「風」と「時」の流れを感じて!- 後編

大宮に古墳があるって知ってました??



後編ものんびり三橋の田んぼを眺めながらスタート!!

茶臼塚古墳に向かって右手に進みながら、右手に広がる三橋の田んぼを眺めてほっこりしましょう♪

そのまま道なりに歩いていくと、止まれの標識が見えてきます。

その交差点を右折します。



少し歩いていくと、信号が見えてきます。

信号を右折すると・・・
4番目の目的地、藤橋です☆
(別日に撮り直したものです)
(別日に撮り直したものです)


もともと藤のつるで編んだ橋であったことから、藤橋と呼ばれているそうです。

しかし、やはり、藤のつるで編んだ橋ですから、渡れずに落ちたり、洪水で流されたり・・・それを見かねた小平治という行者が近在の村に寄付を募って歩き、寛政8年(1796年)に石橋に建て替えたそうです。

現在はコンクリート橋ですが、当時の石橋の一部は、西区植田谷本の六部堂に記念に残されているそうです。


コース外ですが、この藤橋を渡りきったところに六部堂があります。

藤橋は現在、コンクリート橋ですが、当時の石橋の一部は、こちら六部堂に記念に残されています。


藤橋と鴨川と六部堂を満喫したので、元の道に戻ります。

先程右折した信号を今回も右折し、横断歩道を渡ります。

交差点脇に、藤棚付きの休憩スポットがありました☆

ちょっと、虫よけスプレーは必要かな・・・という見た目で、持っていなかったので休憩はしませんでしたが、ここから先、ベンチがないので少し休憩したほうがよかったと後悔しました。。。


交差点からすぐ、標識とカーブミラーのある三叉路があり、そこを左折します。
少し歩くと、右手に見えてくるのが・・・

5番目の目的地、台耕地稲荷塚古墳です!!




この古墳も頂部に稲荷神社があり、鳥居をくぐって登れます。

鳥居の高さが低いので、自然と頭を下げる形になりますね。

頂上の稲荷神社の・・・


遠慮がちな鈴の小ささに、かわいらしさを感じるのは

私だけでしょうか。
台耕地稲荷塚古墳は、円墳で、横穴式石室で、この石室からは副葬品の太刀などが出土しているそうです。

今まで見てきた二つより、高さは低く感じますが、住宅地の中のサイズとして、なんだかフィットしてる感じで、親近感がわいてきます☆

斜面を利用して作られているので、きっと鴨川の流れが見えるように、なんて思いを込めて作られたのかもしれませんね♪


次の目的地に向かいます。

台耕地稲荷塚古墳を出て右手に歩いていきます。

台耕地稲荷塚古墳の東側に歴史散歩コースという案内板がありました☆

興味がわいたら、このコース以外にもたくさんの名所・旧跡を訪れてみるのもいいですね☆

お子さんの自由研究にも使えるかも!


そのまま進んでいき、突き当りを道なりに左へ。
4つ目の交差点で、カーブミラーが左右にあるこの景色で右折します。

他に目印がないので、4つ目の交差点ということ。

それと、左上方のカーブミラーと右のカーブミラーとこの角度からは見えないですが、右側のミラー脇に止まれの標識がありますので、これを目印に!!


曲がってすぐ、左前にグリーンのネットがかかっているごみ収集所が見えてきます。

ここを左に入っていくと・・・
まさかの!!

住宅街に埋もれた、6番目の目的地、上之稲荷古墳が見えます!!
住宅街の中にあるためか

え?? 古墳!??
それもこんなところに!!??

という感はありますが、もともとは、直径20の円墳だったそうです。

近づいてみましょう♪
コチラも頂上には稲荷社が祀られています。

鈴や、賽銭箱はなかったです。。。

ちなみに裏から見るとこんな感じ・・

斜面が削られて、中央のみ残して現在の形になっているようです。

古墳と主張がなければ、古墳とは到底気づかないかも。。
残る古墳はあと一つ。

最後の古墳を目指します☆


上之稲荷古墳を背にして道路に出たら、右に進みます。

すぐの交差点を右折します。


最初の交差点を過ぎたところが、慈寶院さん。

コチラの慈寶院さんの南側墓地内にあるのが、

最後の目的地、山王山古墳です。


墓地の入口は、お地蔵さんの右側です。


墓地入口から右手前方に見える、松の木のところにあります。
というわけで、お待たせしました!!

最後の目的地、山王山古墳です☆
あれ~小高くないじゃない・・・。
あれ~小高くないじゃない・・・。
山王山古墳は、現在は、墳丘は削られてしまい、石室の一部が露出した状態になっています。

分かりづらいのですが、すこーし地面からポコッとしているところが、石室の一部のようです。

ちなみに、さすがに墓地の中に入るのは気が引けるな・・という方。

外からもこの松を目印にしていただくと、場所は分かりますが、石室が露出したところは見えないかも・・・。

間近で見ても実際よくわからない私でしたが。。
古墳の残り方にもいろんな形があるのねとお勉強になったところで、三橋の古墳散策は終了です!

ゴールに向かいます!

慈寶院さんの墓地を出て右手、お地蔵さんがある方向に歩きます。


慈寶院さんの北側まで歩いてくると突き当たりますので、左折します。


左折後、すぐの交差点を右折します。


ゴールの慈寶院バス停です!!
大宮区内にこんなに古墳があるのをご存知でしたか??

私は知らなかったので実際に訪れてみて感激してしまいました!

6世紀頃の古墳が、高校の中や住宅街の中にあって、三橋の住民の皆さんと共存”していることがすごいなと思います!

今回のコースは、約3時間半でした☆

また、鴨川沿いの桜並木、春の光景もきっと素敵なんだろうなと、是非、春も訪れてみたいスポットです!
きっと田んぼの緑もキレイでしょうね!

鴨川にお花見にいらした際には、是非、古墳のことも思い出して、是非体感してみてくださいね☆

お・ま・け

今回のヌゥは、ここでした~☆

これで全4コース終了です!!