地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大宮の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大宮の地域情報サイト「まいぷれ」大宮

大宮(さいたま市大宮区・中央区・西区・北区・見沼区・岩槻区)エリア選択

おすすめパン特集~大宮エリア~

kico(きこ)

大宮区/パン屋

はじめまして^^

この春から「まち記者」&フォトグラファーとして活動を始めました、夏樹(なつき)です!

 

仕事、家事、育児と毎日忙しく働く女性に向けて、
"わざわざ"足を運びたくなるような


▷ゆったりと自分に還れる場所
▷自分の"好き"に出会える場所
▷心洗われる美しい場所

 

をテーマに、さいたま市のおすすめスポットやお店を紹介していきたいと思います!

 

私自身も、1歳男の子を育児中のママ&フォトグラファーをしています。

 

忙しい毎日だからこそ、

自分の好きなことをする時間や一息つける時間の大切さをひしひしと感じています…!

 

そんな私の目線で見つけた素敵スポットのご紹介、

ぜひ一旦、お仕事や家事育児のことは忘れてお楽しみくださいね。

 

今回は、氷川参道沿いにあるお気に入りのパン屋さんをご紹介します♩

パパにこどもを見ていてもらう間にゲットした、貴重な自由時間で足を運びました!

 

素材にこだわったシックなパン屋さん

 

氷川参道沿い、Bibli(旧大宮図書館)内

 

木々に囲まれた参道で緑に癒される

大宮駅東口を出て徒歩10分、Bibli(旧大宮図書館)内にあるパン屋さん。

足を運んだのは4月中ごろ、ちょうど氷川参道は新緑でいっぱい。

たくさんの緑に囲まれた氷川参道を歩いているだけで、かなりリラックスできます…

 

二之鳥居をくぐって

すぐ右に渡るとBibliがあります

店内詳細

 

Bibli1階に入り、奥に進むと突き当たりにお店があります。

大きな看板や目立つ装飾はなく、シンプルなので一見パン屋さんと分かりにくいのですが

それがまた洗練されていておしゃれ!

そしてお店に近づくにつれて、焼きたてパンのいい香りが…!

コンパクトなお店ですが、いつも何人かのお客様がいらっしゃっています。

 

お店前の注意書き。パンは粉からひとつずつ手作業で時間をかけて手作りしているそう。

4名ほどのイートインスペースもあり、ドリンクと一緒にパンを店内でも味わえます。

実食

 

たっぷりの自然光が差し込むカウンターにて

せっかくのひとり時間なので、優雅にイートインスペースで食べることに。

黒塗りの床とカウンター、真っ白な壁。

よけいな装飾のないシンプルで洗練された空間が、上質な気分にさせてくれます。

 

《いちごとバナナのフルーツサンド》650円

《みかんジュース》400円

 

甘党かつフルーツ好きが出てしまいました。笑

 

こちらのフルーツサンド、季節によって中身が変わるそうで、今回は旬のいちごとバナナ。

みずみずしいフルーツは、フォークを使わないとはみ出してしまってうまく食べられないほどに

「ごろっと」入っています。

しっとりめの食パンに、ほんのり自然な甘さのクリームが合わさって…もう幸せ。

 

みかんジュースは温州産みかんを100%使用。

お店の方が氷なしにするかどうか聞いてくれたので、お腹が冷えやすい私はなしでお願いしました。笑

(こういうのありがたいですよね!)

 

ドリンクは他にもドリップコーヒーや紅茶、またディカフェもあるので

カフェインが飲めない授乳中のママさんやプレママさんにもおすすめ。

テイクアウトは夫へお土産

半日ワンオペを頑張り、私に自由時間をくれた夫にお土産を。

《あんバターサンド》350円

コッペパンにあんバターがサンドされています

自他ともに認めるあんバター好きの夫。

ワンオペの疲れも相まって、あまりのおいしさに感激してました。

こちらのお店では、注文してからあんこと冷蔵庫から出したてのバターを挟んでくださいます。

《野菜のキッシュ》350円

具材はブロッコリーとしめじ

こちらは二人でいただきました!

具材は他に、ほうれん草とエリンギも選べました。

サクサクの生地に、うまみたっぷりの具材がもうたまりません。

 

 

ちなみに、メニューは月ごとにも変わるようです。

季節ごとに通う楽しみができますね。

まとめ・感想

 

こちらのkicoさんは、幸手市にある「cimai」というパン屋さんのオーナーがディレクションするパン屋さん。

私はkicoさんを出会うまで知らなかったのですが、文字通り姉妹で立ち上げたパン屋さんで、

パンを通して「衣食住」を提案する、というスタイルで多くのファンを持つとても人気のお店なんだそうです。

 

できる限り安心安全な素材を使って一から作られたパン。

氷川参道の木々に囲まれた、静かで洗練された空間。

 

たしかに、ただ「美味しいパンを食べた」ということ以上に

「心地よい上質な時間を過ごせた」と言えるひとときでした…!

 

後日談ですが、その後も気に入って何度か足を運んだところ

お会計の際に「いつもありがとうございます」とお声がけしていただきました。

スタッフさんの、決して距離が近すぎず、でも温かい人柄も素敵だなと思ったのでした。

店舗詳細

店名kico
住所さいたま市大宮区高鼻町2-1-1 Bibli 1階
電話番号048-776-9656
営業時間11:00~17:30
休業日月、木 ※不定休のためHPやInstagramを確認してください
備考駐車場有
公式HPhttps://cimaipain.shop-pro.jp/
Instagram

kico____

当記事を書いた記者

夏樹(なつき)/まち記者・フォトグラファー


1歳半の男の子を育児中のワーママ。

自分らしいシンプルな生き方を大事にすべく奮闘中。

さいたま市に住んで4年目、もっと素敵な場所を見つけていきたいと思っています。

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

  • kico(きこ)

    大宮区/パン屋

    大宮氷川参道沿いにあるパン屋kicoさんのご紹介です。